和の暮らし 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/24 06:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ますお君@山とお魚さん
  • 情報提供殺しにかかる 西毛山魚会ますお君@山とお魚さんのプロフィール
  • Mai は、コンビニSを激しく憎んだ、、、 乞食とあろう者がハンカチを忘れた。。。 全財産の500円。 買ったハンカチは、洗っても汗染の臭いが取れない、、、 その筈さ maker名の貼り付けも無い。 私財を使い果たした河原乞食。 親友でさえもが。あんたはマンシュウキツコだと笑った、、、、 それが世間なんだ、、、 隠された悪意さえも見抜けなかった、、、 あんなハンカチはダイソーかベイシアなら百円だ。 さて。

2位
ますお君@山とお魚さん
  • 情報提供the blues of solo 西毛山魚会ますお君@山とお魚さんのプロフィール
  • 捨吉の足はぼろぼろだ 捨吉は、大きなカタルシスを得たい.... 足裏は豆でごわつき、踵の擦り切れは直らない 旋盤工として 土方として 売り子として声を張り上げ 其れだけの来し方だった ??♀? ...... 吾妻路を目指した雪の前に北方は登っておきたい、、、 ??♀? 愚弄され搾取されただけの来し方だった、、 今日も9000の掠奪にあった 捨吉はスタンドでjeepの油をカードで入れようとした。 お好み数量の

3位
着物サロン~四季~ 着付師・講師  小川 千裕さん
  • 情報提供【ウェブマガジン掲載】懐紙のぽち袋を更にかわいくアレンジ♪ 着物で女性のキレイを引き出す♪着付師・講師のブログ着物サロン~四季~ 着付師・講師  小川 千裕さんのプロフィール
  • 着物で女性のキレイを引き出す! 月島の着付け教室 着物サロン〜四季〜 講師・着付け師の小川千裕です。 本日、ウェブマガジンの「Klastyling」に懐紙の活用術の記事が掲載されました *茶道以外にも使える!便利な懐紙の活用術 3選 今日は先日お伝えしたぽち袋の作り方にプラスαのアレンジをご紹介です。 シンプルに懐紙の柄だけでも楽しいですが、ぽち袋の右上に水引の「松の葉」に見える飾りをつけると尚かわいい とっても
4位 日本びよりさん
  • 情報提供雪まつりの雪像が溶けないのは何故?溶けにくい雪像作りと雪まつりの世界をご紹介! 日本びより日本びよりさんのプロフィール
  • 降雪量が多い地域では、雪まつりや雪像まつりが開催され、ニュースでも話題になりますね。その年に話題になった人物や時事ネタなどをモチーフにした大きな雪像が作られます。雪像だけではなく、氷の彫刻も見られます。冬のとても寒い時期に限り、見ることが出来る「雪と氷の祭典」です。でも、天気が良い日でも溶けないのは何故でしょうか。この記事では雪まつりの雪像が溶けない理由を調査してみました!雪が溶ける条件とは雪が溶
5位 つららさんさん
  • 情報提供「平安神宮 時代祭」 行列を観てきました うきうき探し帖(心象スケッチ)つららさんさんのプロフィール
  •  昨日の月曜に行われた秋晴れの下での時代祭。 行列を京都御所、出発地点に近い砂利道の端に絨毯が敷かれた見やすい席で  (平安講社第○○社○○学区の関係者から   観覧席一人分を いただきました) (嬉し)!(^^)!砂利の感触でお尻や足は痛くなったけどすっごく楽しく、照りつける暑さも忘れ、明治維新から 平安(吉野)時代まで順に鑑賞してきました。        (写真の時代はすこそごちゃごちゃです、、) 
6位 櫻園さん
7位 吉村ゆかりさん
  • 情報提供十月歌舞伎座夜の部 地唄舞 吉村ゆかり 粋・はんなり日記吉村ゆかりさんのプロフィール
  • 「十八世中村勘三郎七回忌追善 芸術祭十月大歌舞伎」夜の部に行って参りました。歌舞伎から離れてもう何年も経っていますが、勘九郎さんの「吉野山」をどうしても観たくて。というのは勘九郎さんの「吉野山」は私にとってとても思い出深い演目なのです。17年前のことです。平成中村座の試演会で当時勘太郎さんだった勘九郎さんが初役で「吉野山」の忠信を演じると知り、大ファンだった私はこれは絶対に観に行くしかない!と。奇
8位 櫻撫子さん
  • 情報提供室礼〜旧粕谷家住宅@板橋区での室礼教室〜 包み結び 櫻撫子櫻撫子さんのプロフィール
  • 先週末、板橋区の江戸時代(享保年間)に建てられた古民家旧粕谷家住宅で、室礼展と室礼教室が開催されました。 旧粕谷家住宅は、東京都指定有形文化財・板橋区登録有形文化財です。 旧粕谷家住宅 〜旧粕谷家住宅〜 板橋区主催で、大門餅つき保存会による餅つきとそのお餅を使った室礼講座もあり、大勢のお客様方にお楽しみ頂きました。 この室礼展からちょっとだけご紹介。 室礼のテーマは…「秋の収穫祭」 〜ザシキ〜 〜カマド〜
9位 和心美STYLE☆ちえさん
  • 情報提供【2018松戸教室茶会】〜お茶会を終えて〜 和の心で美しく☆人生開花 和心美STYLE和心美STYLE☆ちえさんのプロフィール
  • 先日、10月6日松戸教室のお茶会をいたしました。→小間席しつらい編はこちら→広間席しつらい編はこちら生徒さんのご友人からいただいた萩の花本席に入れ残りは玄関に飾りました。とても良い演出になったように思います。この日は気温が高く本当に暑い!熱い!厚い!一日でした。お稽古だけでなくお茶を実践する場として年に一度開催している茶会。初めて参加される方も含めてまだ経験の浅い皆さんです。お点前を間違えてしまった
10位 吉村ゆかりさん
  • 情報提供十三夜 地唄舞 吉村ゆかり 粋・はんなり日記吉村ゆかりさんのプロフィール
  • 今月21日は「十三夜」です。十五夜(中秋の名月)から約1ヶ月後に巡って来る十三夜は中秋の名月の後なので「後(のち)の月」とも言われています。十三夜は十五夜に次ぐ美しい月ということで昔から大切にされており、十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれています。十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、満月ではなく、左の方が少し欠けている
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 samuraiarchitectさん
  • 情報提供25年前のある日・・・ 侍建築家の『和』日記samuraiarchitectさんのプロフィール
  • 場所は当時の首相官邸。組閣時に記念撮影を行う例の階段にて設計仲間と記念撮影。さて僕はどこかな? (^^)★ブログランキングのためよろしければ下の を!にほんブログ村にほんブログ村
12位 日本びよりさん
  • 情報提供冬の風物詩「かまくら」はいつからあるの?からまくらの由来と使い道 日本びより日本びよりさんのプロフィール
  • 冬を連想させる物のひとつに「かまくら」があります。白くて丸くて可愛らしい形をしていて、中に入ることが出来るあの「かまくら」です。では、かまくらはいつ頃から存在し、何のためにあるのでしょうか。この記事では意外と知らない「かまくら」の由来や使い道をご紹介します☆かまくらとはかまくらとは、雪を高く積んで穴を開けた雪洞です。秋田県や新潟県などの豪雪地域では小正月(1月15日〜20日頃)に、かまくらの中に祭壇を設
13位 吉村ゆかりさん
  • 情報提供今宵は十三夜 地唄舞 吉村ゆかり 粋・はんなり日記吉村ゆかりさんのプロフィール
  • 今宵は十三夜。「十三夜に曇り無し」といわれるように、よく晴れた夜空を左が少し欠けた十三夜の月が煌々と照らしています。その美しさはまさに「後の名月」です。 吉村ゆかり地唄舞教室粋にはんなりと地唄舞を舞ってみませんか?HPはこちらから→★お問い合わせはこちらから yukarijiuta@yahoo.co.jp
14位 着物サロン~四季~ 着付師・講師  小川 千裕さん
  • 情報提供「オトナな紬」をショッキングピンクでコーディネート♪ 着物で女性のキレイを引き出す♪着付師・講師のブログ着物サロン~四季~ 着付師・講師  小川 千裕さんのプロフィール
  • 着物で女性のキレイを引き出す! 月島の着付け教室 着物サロン〜四季〜 講師・着付け師の小川千裕です。 皆さんは、「柔らかもの」と「堅もの」どちらの着物が好きですか? やわらかもの?かたもの?  ん?なにそれ?? って感じですよね とてもざっくりな着物地の分け方ですが、よく着物トークでは登場する言葉 やわらかもの・・・縮緬(ちりめん)や綸子(りんず)、羽二重(はぶたえ)などに染められた柔らかな質感の着物
更新時刻:18/10/24 06:30現在